文庫本の一般的な買取相場とお得な買取キャンペーンについて

文庫本は、新刊よりも安くて小さく、手軽に購入できるので人気があります。
しかし、読み終わったらそれっきりという本も多いでしょう。
部屋に読み終わった文庫本が山積みになっている人も多いと思います。

 

そんな時には売ってしまいましょう。

文庫本はどれぐらいの価格で売れるのでしょうか。

 

売値の5〜20%が相場

元々の値段が安い文庫本は、状態によっても値段が変わってきます。
近くの古本屋で、同じ本でも100円コーナーと通常のコーナーの両方で売られているのを見たことがありませんか。
これは、カバーの汚れや折れなどがあるかないかによって変わるのです。
ですから、売るときにも汚れていたり折れ曲がっていたり、日焼けによる色あせ、書き込みなどがあるものは安くなります。

良くて10円〜100円

良くて10円そこそこ、悪ければ買い取ってもらえないこともあります。
状態が良ければ30円〜100円ぐらいでしょうか。

 

人気の影響

人気作家の最新刊などは、定価の30%以上で買い取ってもらえることもあります。
しかし、文庫本の場合、あまり人気の有無に大きく左右されることは少ないようです。

それよりも本の状態を重視して買取金額を査定するところが多く見られます。

 

漫画やゲームは人気による影響が非常に大きいのですが、文庫本ではそれほど影響しないところが特徴的です。

キャンペーンを利用するとお得

物を売るとき、できるだけ高い値段で売りたいのが人情ですよね。
そんな人は、キャンペーンを探してみましょう。

○冊以上は買取価格に×円プラス、□日までは△%買取価格アップ、といったキャンペーンが行われているときがあります。

 

もちろんネットショップでも行われている

そんなキャンペーンを見つけやすいのがネットショップです。
近くのお店でもキャンペーンをやっていることはあるかもしれませんが、しょっちゅうその店に通っていなければキャンペーンの存在に気づかないでしょうし、その期間にお店を訪れるとも限りません。

でも、ネットショップなら家にいながらキャンペーン情報が分かりますから、通常時よりも高く売るチャンスをつかみやすいのです。

 

キャンペーンの内容や期間を把握して、できるだけ高く文庫本を売りましょう。