漫画買取の違い<ネットだと宅配、古本を売る価格が変わる?>

宅配買取と店頭買取の違いとは、一体どんなことなのでしょうか。
今回は3つの違いを取り上げながら、詳しく見ていくことにしましょう。

 

持ち込み方法

まず1つ目は、買取り依頼商品の持ち込み方法です。

 

宅配買取の場合は、自宅で段ボール箱に詰めて宅配業者に集荷してもらうだけですので、特別時間を取る必要はありません。空き時間で作業できますし、査定に出したい漫画本を段ボールに詰める作業さえ終われば、あとは宅配業者にお任せすることができます。

 

一方店頭買取の場合は、お店まで出向く必要があるでしょう。直接商品を持ってお店の営業時間内に行かなければなければならないため、普段忙しい人にとってはとても不便です。

 

買取価格

2つ目は、買取り価格の違いです。

 

宅配買取りと店頭買取の両方を行っているところは、特に買取価格に違いを設けていません。しかし、宅配買取だけを行っている業者は、店頭買取と比較すると高額買取りを行っているケースがほとんどです。

 

一方、店頭買取のみの場合は、人件費や運営費などのコストがかなりかかるることから、宅配買取りよりも安い価格で買取っているというのが現状だといえるでしょう。

 

断りやすさ

3つ目は、断りやすさの違いです。

 

あまりにも買取り価格が安かった場合、基本的には買取りを断ることができますが、店頭買取の場合はその場で直接キャンセルを伝える必要があるため言い出しづらいことがあります。

 

一方、宅配買取りの場合は、電話やメールなどでキャンセル依頼することができるため、キャンセルする旨を伝えやすいと言えるでしょう。ただし、返送時に送料を負担することがあるため注意が必要となります。

 

 

この他にも宅配買取と店頭買取にはいくつかの違いがありますが、現在の流れからいくと宅配買取の方が主流となっていく可能性が高いといっても過言ではありません。

 

とはいえ、それぞれのメリットやデメリットを見ながら最も最適な方を利用するようにしたいものです。また近頃は、ネットでおおよその査定金額を調べることができます。そういった査定金額を参考にしながら、利用するお店を選ぶようにしましょう。