話題の電子書籍とは<紙との違い・特徴・将来性などを解説>

話題の電子書籍とは<紙との違い・特徴・将来性などを解説>

最近話題の電子書籍ですが、はたして紙の本とそんなに違うものなのでしょうか。

 

電子書籍とはどんなもの?

電子書籍とはパソコン、スマホ、タブレット等の電子端末で閲覧することができるように電子データ化された本のことです。

 

紙の本は基本的には出版社が出していますが、電子書籍はさまざまな会社がリリースしています。書店、出版社、流通メーカー、家電メーカー、ネットショップなどが参入し、シェアをいち早く獲得しようと試みましたが、現在のところ覇者は不在のままです。

 

すでに撤退してしまった会社もありますし、今後しばらくは統廃合が続く模様です。

 

電子書籍の今後

そうとはいっても書籍の趨勢は、今後も電子化に進むことは間違いありません。

 

このような電子化社会のなかにあっては、紙の書籍はインタラクティブ性に欠けるという点が致命的ですらあります。

 

かつては情報とはしっかりとパッケージされたものにこそ価値があったかもしれませんが、現在では誰とでも共有でき、そこから新しい価値観を創造していくことが可能なものにこそ重きを置かれているのです。

 

電子書籍というと、そのようなWWW(ワールド・ワイド・ウェブ)の特性を生かしたものに違いないと想像する人も多いかもしれませんが、じつはそれは違います。

 

電子端末で読むことができるというだけで、検索に便利であるという程度の進化こそありますが、情報の共有や新しい価値観の創造とは程遠い状況にあるものがほとんどです。

 

すなわち、現在のようなかたちのままでは電子書籍のメリットを十二分に活かしているとは言い難いというのが紛れもない現状なのです。

そんな電子書籍のメリットとは?

しかし、電子書籍にはもちろんさまざまなメリットもあります。

 

たとえばペーパーレスなので森林資源を守るのに役だっています。

 

また、家中本だらけというような人にとっては、複数の全集や百科事典さえ1台の端末に収めることができる電子書籍は部屋をきれいに保つという面で大いに役立っています。

 

しかし、森林資源こそ守れても、かわりに電気を使用しているわけなので100%地球に優しいわけではありません。

 

まとめ

考えれば考えるほど複雑な状況に直面する電子書籍ですが、

 

とりあえず現在のところのキラーコンテンツは漫画なのだそうです。

 

そういえば、電車の中でサラリーマンが漫画雑誌をひろげているところをまったく見かけなくなったかわりに、確かにスマホも含めて何らかの端末を眺めている人は急増しているようです。