お店のサイトを見ると良く見かける『ISBN番号』って何?

お店のサイトを見ると良く見かける『ISBN番号』って何?

ネットショップのサイトを見るとよく「ISBN番号」と呼ばれるコードが載っているのを見かけますよね。商品情報として、オンライン書店や古本販売サイトなどではほとんどの場合において掲載されています。

 

このコードはいったい何なのでしょうか?

 

あらゆる書籍を管理する国際コード

「ISBN」とは、書籍・出版物を識別・管理するために用意された番号のことです。

流通しているほぼすべての出版物を対象としており、このコードさえわかれば、本のタイトルや著者が分かる仕組みになっています。

 

世界共通で用いられている

なお、ISBNは世界共通で用いられており、世界中で発行されている出版物に対して与えられています。ですから、洋書であっても、ISBNを調べれば、どの国の、どの出版者が発行した、どんなタイトルの出版物かを容易に特定できるのです。

 

電子出版物も付与

ISBNは2006年までは10桁の番号、2007年1月からは13桁の番号で運用されています。また、2007年からは電子出版物にもISBNを付与することが可能になりました。

 

雑誌・webサイト・広告・ゲームなどは対象外

雑誌のような定期刊行物はISBNの対象ではありません。また、ウェブサイト、広告物、ゲームソフトも対象ではありません。

 

本を売買するときに…

中古の本を売るとき、もしくは買うときに、ISBNが記載されている場合は確認してみると良いでしょう。

 

そのISBNコードをインターネットの検索サイトなどで調べて、タイトルなどを確認すれば、買い間違い・売り間違いを防ぐことが出来ますし、そのサイト上には記載されていなくても、他のサイトでその書籍に関する情報を手に入れたり、別の通販サイトでも取り扱っているか確認することも出来ます

※当サイトで紹介しているお店の『漫画買取ネット』『駿河屋』では、売りたい漫画の事前見積もりができますが、その際にISBNコードを入力することで作品を特定でき、金額を知ることができます。