漫画の高価買取が期待できる受賞作品は?【マンガ大賞・このマン】

漫画を買取したい女性

皆さん、高価買取できる漫画って知ってますか?

 

と、聞いてみましたが、どの漫画が受賞されているかなんて把握している人は少ないはずです。

 

実は、受賞されている漫画というのは高価で買い取ってくれる可能性を秘めているんです!
読まなくなった漫画や、買取に出そうと思っているけど面倒でそのまま、という漫画が実は高値で売れる漫画かもしれませんよ!

 

ここでは、「マンガ大賞」「このマンガがすごい!」で受賞されている作品を紹介したいと思います。

 

「あ!これ持ってる!」って思ったらチャンスです!
すぐ買取に行きましょう!

 

マンガ大賞を簡単に解説

マンガ大賞

漫画本の買取価格はピンからキリまでですが、
なかでも高価買取を期待できるのが『マンガ大賞』を受賞した作品です。

 

まずはマンガ大賞を紹介していきましょう!

 

そもそも『マンガ大賞』って何?

  • マンガ大賞とは2008年にスタートした漫画賞です。
  • 選考年の前年の1月1日から12月31日までに出版された、最大巻数8巻までの漫画作品が選考対象になります。
  • 選考委員は一般人を含む70名から100名以上で構成されていますが、何らかの利害関係にある可能性のある漫画家、編集関係者、装丁デザイナーといった職業の人は選考委員になることはできません。
  • マンガ大賞を運営しているマンガ大賞実行委員会は書店員を中心としたボランティア有志からなり一般募集は行っていません

 

このように、選考委員たちによる「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに進めたい!」という主旨のもとの投票を集計して、
毎年大賞1作品ほか2位から10位までが選ばれます。

 

ちなみに・・・

過去の大賞作品

過去のマンガ大賞受賞作品は以下通りです。

  • 2009年 『ちはやふる』
  • 2010年 『テルマエ・ロマエ』
  • 2011年 『3月のライオン』
  • 2012年 『銀の匙 Silver Spoon』
  • 2013年 『海街diary』
  • 2014年 『乙嫁語り』
  • 2015年 『かくかくしかじか』
  • 2016年 『ゴールデンカムイ』
  • 2017年 『響〜小説家になる方法〜』
  • 2018年 『BEASTARS』
また、2位以下の作品だけを見ても人気作ばかりが
ランクインしています。

 

その他の漫画関連の賞<名前だけチェックしておこう!>

漫画に授与される賞にはさまざまなものがあります。

  • 文藝春秋漫画賞
  • 小学館漫画賞
  • 講談社漫画賞

これらは大手出版社が主催している賞です。

 

しかし、これらを抑えて、いわばボランティア主催のマンガ賞がひときわ注目され、
受賞作は高値買取に応じてもらえるのはなぜなのでしょうか。

 

マンガ大賞が注目されるワケ<受賞作が高価買取になる3つのポイント>

マンガ賞実行委員会は書店員が主体ということもあり、ここぞと露出しはじめる

マンガ大賞はひとたび受賞作が決まれば各メディアはさかんに報道します。
それらの相乗効果により、需要の爆発的な増加を見込むことができます。

 

最大で8巻までと決まっているため、まとめ買いしやすくなっている。

マンガ大賞受賞作は古本といえども高値で売れる可能性が高いので、買取価格も高額になるのです。

 

過去の例からしても、受賞作はその後ドラマや映画になることが多い

映画やドラマになると、更に話題性が高まり、買取価格も高くなることが見込めます。

 

それでは、次は「このマンガがすごい!」の紹介をしていきたいと思います!!

高価買取の可能性を秘める「このマンガがすごい!」とは?

このマンガがすごい

『このマンガがすごい!』は、宝島社が発行しているマンガ紹介本のことです。

 

 

『このマンガがすごい!』って何?
  • 『このミステリーがすごい!』、『このライトノベルがすごい!』などとともに2005年から毎年12月に刊行されており、前年の10月1日から9月30日に刊行された単行本の中から、もっとも「すごい!」と、思った5作品を10点評価で採点するシステムになっています。
  • 70名から150名前後のメンバーを対象にしたアンケート調査をまとめたムック形式の本です。
  • アンケートメンバーは書店員、ライター、編集者、評論家、俳優、声優、お笑い芸人、ミュージシャン、アイドル、スポーツ選手、大学の漫画研究会、漫画系専門学校生、小中学生など、有名人・無名人を問わずに構成されています。

 

このように、『このマン』の通称で親しまれている大変人気の高い本です。

 

他にもこんな内容が

また、アンケートのほかの部分も、

  • トップ20作品のレビュー
  • 漫画家へのインタビュー
  • ランキングの総評
  • ランク外の注目作品の紹介

など、盛りだくさんの内容になっています。

 

ちなみに・・・

過去の1位作品

過去1位をとった作品は「オトコ編」、「オンナ編」それぞれ以下通りです。

 

◆オトコ編

  • 2009年 『聖☆おにいさん』
  • 2010年 『バクマン。』
  • 2011年 『進撃の巨人』
  • 2012年 『ブラック・ジャック創作秘話 ?手塚治虫の仕事場から?』
  • 2013年 『テラフォーマーズ』
  • 2014年 『暗殺教室』
  • 2015年 『聲の形』
  • 2016年 『ダンジョン飯』
  • 2017年 『中間管理録トネガワ』
  • 2018年 『約束のネバーランド』

 

◆オンナ編

  • 2009年 『坂道のアポロン』
  • 2010年 『ちはやふる』
  • 2011年 『HER』
  • 2012年 『花のズボラ飯』
  • 2013年 『俺物語!!』
  • 2014年 『さよならソルシエ』
  • 2015年 『ちーちゃんはちょっと足りない』
  • 2016年 『ヲタクに恋は難しい』
  • 2017年 『金の国 水の国』
  • 2018年 『マロニエ王国の七人の騎士』

受賞作品は、アニメ化や映画化がされている作品がとても多いです。
2018年の受賞作品も今後期待ができますね!

 

このマンガがすごい!が注目されるワケ<受賞作が高価買取になるしくみ>

『このマンガがすごい!』で上位にランキングした漫画本は、古本買取でも高額買取を期待できます。
なぜならば、

第1位はもちろんのことそれ以外の上位作品もメディアで紹介される!
書店で『このマンガがすごい!』の名のもとにプッシュされ、売上部数増加はほぼ確実!

 

と、いった理由だからです。

 

漫画を高価買取するには<まとめ>

まとめ

ここまでで、受賞作品を紹介しましたが、持っている漫画はありましたか?
揃えていたら、高価買取の可能性が!

 

しかしここで最後に注意点だけお伝えしておきます。

 

『マンガ大賞』、『このマンガがすごい!』が刊行されたらすぐに売るというのは賢明ではありません。

 

ランキングが発表された直後よりも、そのことによって作品がますます注目されるようになりアニメ化やドラマ化をされた後の方が、より高額での買取をお願いできる可能性が高くなるからです。

 

上位作品はほとんどの場合、何らかのかたちでのメディア展開があることが多いので、焦らずベスト・タイミングをよく伺うようにしましょう!

まとめ

素人には売り時を見定めるのはなかなか難しいことではありますが、
よく状況を判断してベストタイミングをキャッチするようにしましょう。